イロドリ雑記帳

ゆるゆる・楽しい生活を絵日記でお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

想像膨らむ「超絶刺繍Ⅱ」

20150417_超絶刺繍Ⅱ

先日、神戸ファッション美術館に仕事で行ってきました。

神戸ファッション美術館山がある六甲アイランドは快晴。
いつも思うけど、非常にのどか。

「超絶刺繍」は2回目の展示。
1回目が好評だったとのことで、期待が高まります。
(前回行きたかったのですが、行けずじまいでした)

今回の目玉は、長崎ししゅう。
長崎くんち」というお祭りに使われるこの刺繍。

パンフレットに掲載されている刺繍(海産物)は、実物を見るとびっくり!
思ったより大きく、しかも立体的!

是非、クッションとかにしていただきたい!
まくらとかにしてもいいかも・・・。
でも、リアル過ぎて生臭そう。笑

しかもこの「長崎ししゅう」
現在なんと使い手が一人しかいらっしゃらない!

きっとこの刺繍。
立体的な部分に何か詰め物があるはずだと思いきや、実は!
チマチマと縫いこんで立体感を出しているので、
「こんなの辛すぎる」と弟子が逃げ出したのではないでしょか?

(あくまで私の勝手な想像です!実際はいろいろな技法がある様子)

とにかく、ずっと見ていても飽きない!

また、もう一つの目玉は、京都 祇園祭で使われる山鉾に飾っていある刺繍。
こちらは、長崎刺繍程ではないけど、立体的。
普段であれば山鉾の上の方に設置されているものらしく、一般の客としてでは見る事が出来ない位置にあるとのこと。
今回の展示では、目線の高さに展示されているので、細かい部分までしっかりと見ることができました。

さらにはは貴族の男性の衣服(アビ)に装飾された超絶刺繍がズラリ。
ここでも私の妄想は止まりません。
きっと、超絶イケメンの王子様に来てもらえるはず!とガンバッていた刺繍職人たち。(あくまで妄想)
でも実際の注文者はきっとブサイク。(こちらも勝手な妄想)
これじゃあ刺繍が泣くよ・・・的な。

ピリッとしたプロ意識の高い熟練の刺繍職人が、花形として、活躍していてほしいけれども、実際は蟹工船張りに納期に追われて大変な生活を送っていたのかしら・・・?


などなど、とにかく見ているだけで妄想が膨らんでいきます~。
※色違いの文章はあくまで私の妄想です。あしからず。

きっと、あまりにすごい技と、根気を感じ、さらに歴史まで感じちゃったものだから、いろいろと思い浮かんできてしまったのでしょう。
我ながら、どうしたことかと思いましたが、こう言った話を一緒に行った読者モデルさんさんにぶつけてしまい、苦笑いされるという事件も発生。


さて、この超絶刺繍。
あるものは、神への捧げものとして一針一針に祈りを込めて細かな刺繍を縫っていき、またあるものは、権力者の象徴として、手間暇とお金を惜しむことなく技術をぶつけ(きっと思いはこもっていない)、また、刺繍とは少し違うかもしれないけど戦時中であれば、千人針で戦地に赴く者の無事を願ったりしていますよね。

一針一針・・・というのが、ミソなのでしょうか?

とにかく見ごたえのある展示でした。


==============
神戸ファッション美術館
『超絶刺繍Ⅱ―神に捧げるわざ、人に捧げるわざ―
2015/4/18(土)~6/28(日)
http://www.fashionmuseum.or.jp/
==============

スポンサーサイト

PageTop

「没後150年 歌川国芳展」

20110606.jpg


昨日まで大阪でやっていた「没後150年 歌川国芳展」に行っていました!

314282970.jpg

大阪では4月からやっていたのに、ぎりぎり最終日・・・。
大阪市立美術館は、大変なにぎわいでした。

内容はというと、もちろん大満足。
やっぱり国芳のユーモアあふれる作品は何回見ていても楽しく、もちろん分厚い図録も購入。

手前に大きく動物や妖怪などを描いている構成は本当にステキ!
同じような構図の作品をいつかは描いてみたいと思いました。

さてさて。
この美術館、ちょうど天王寺にあって、「新世界」という大阪きってのDEEP ZONE!

314357321.jpg

それでも、昔来たときよりも観光地化されていてびっくり!
コンビニが出来ていたり、串カツ屋がたくさん出来ていたり、なんだか普通の街みたい。
(昔はもっと、独特の雰囲気があったような???)

314391066.jpg
それでも、通天閣のすぐ近くで串カツを食べ、ぶらぶら難波までほろ酔い気分で歩きます。
それが何とも心地よく、贅沢な大人の休日のような気がしたのでした。


PageTop

「ルーシー・リー展」

20110123.jpg
昨日は、大阪まで「ルーシー・リー展」を観に行ってきました。

場所は、大阪市立東洋陶磁美術館
はっきり言って、どこにあるのかさっぱりです。
兵庫県民として、兵庫陶芸美術館には何度か行ったことがあるんだけど、大阪の町中にこんな地味な(すみません・・・)美術館があるのだとは。。。

場所は中之島にありました。
昨日は天気もよいことだし、梅田からてくてくと歩いていき、なんだか今年の目標「余裕のある生き様」を実践しているようで、うきうき。

実際に美術館までくるとけっこう人が多かったです。

上にもはっていますが、この入場券、なんてすてきなんでしょう!
ピンク色の上品でかわいらしい器。
このチケットもらえただけでなんだか満足してしまったのでした。

器はこのピンク色や青色の鮮やかなもの、線の入ったものが気になり、混んでいたのでそういった器を狙ってちょこちょこ横入りしてしまいました。(すみません)

しかしながら、ルーシー・リーと言えば、私の中では陶器のボタン!
色とりどりの釉薬を使い、可愛い形のボタンが見たくていったのです。
実際に見ると本当にカワイイ!
陶器とは思えない繊細さでずっと見入ってしまったのでした。

==========================

「ルーシー・リー展」
会場:大阪市立東洋陶磁美術館 → http://www.moco.or.jp/
期間:~2/13日(月曜休)
時間:9:30~17:00 
  (入館は閉館の30分前まで)
料金:大人 900円、大高生 540円

==========================

PageTop

「広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名作展」

20110117.jpg
昨日はとても寒かったのですが、明石に久々のマッサージに行ってきました!
全身残りがほぐれて、久々にすっきり!

その後、明石市文化博物館で開催されている「広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名作展」を見に行きました。

江戸百景の復刻を江戸東京博物館(←ここほんまにオススメです!わざわざ関西からでも行くべし!)で見て以来、実は広重好きの私なのですが、東海道五十三次もすばらしかった!

でも何よりいいなと思ったのは、なんだか文化博物館全体で盛り上げようとしているところ!
館内のいたるところに、浮世絵から抜け出した人たちが、吹き出し付きで登場!

「次の会場はこっち」とかを案内してくれます。

実は、仕事でこちらの広報の方とやり取りをさせていただいたのですが、とても感じのいい、誠実な方だったので、なおさら贔屓目に見てしまうのですが。

たくさんの人が来場されていて、賑わっていました。
2/6までやっているので、興味のある方は是非!


==========================

「広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名作展」
会場:明石文化博物館 → http://www.akashibunpaku.com
期間:1/4火~2/6日(会期中無休)
時間:9:30~18:30 
   ※会期中の毎週金曜日・土曜日は19:00まで
  (入館は閉館の30分前まで)
料金:大人 800円、大高生 500円、中小生 200円

==========================
PageTop

「つきのはな」

PA201270.jpg
昨日は、イラスト塾時代お世話になった松栄舞子ちゃんの個展をみみみ堂さんに観に行ってきました!

カレーが美味しいみみみ堂さんですが、帰ってゴハンを作らないといけないので、ここはマサラチャイで我慢。
甘くてあたたかいチャイを飲みながら、店内に展示されている作品を鑑賞。

舞ちゃんの作品は、シンプルだけど何か想像をかきたてられる、そんな余白のある作品。

もちろん、自分なりのストーリーを考えながら、ひととおり楽しみ、ちょっとだけ旅日記の続きをやって帰りました。



写真は、去年みみみ堂さんでもらった舞ちゃんイラストのカレンダーと、今回のDM「つきのはな」。
自宅のテーブルに入れて愛用しています♪
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。